新型コロナウイルス感染症予防対策

玄関入り口



新型コロナウイルス感染が群馬で発生した時点で上記の対策をとりました。





部外者は入室禁止として、玄関での対応をお願いしました。





噴霧器による消毒は開所以来10年間続けており、その10年間でインフルエンザにかかった利用者は1名で、その方と一日中ずっと一緒にいても誰にも感染しなかったことが笑々の自慢です。(アルコール除菌剤、ジェル除菌剤も常備)

※噴霧器設置場所※
玄関1台、ホール2台、トイレ男女用各1台(計4台)



ホール内 飛沫予防シート設置





朝夕 施設内消毒
換気扇による換気の実施

年齢を重ねると呼吸筋が衰え、息苦しさを感じやすくなっているため、マスクを一日中着用することは難しいと考え飛沫予防シートを使用しています。
必要に応じてマスク着用。



着用していたマスクをポケットなどにしまうことで、衛生管理が出来ないため、専用のマスク入れを笑々で用意しました。
その都度マスクを消毒し、入れて保管しております。ビニール袋の中も毎日消毒を実施しています。



職員が大きな声で説明するときなどはマスクを着用。



噴霧器で電解水を噴霧(除菌・消臭)



ホール内





トイレ内